Skip to main content

縦書きで句を鑑賞できるようになりました!

夏雲システム上で、句や選評を縦書きで表示できるようになりました。 縦書きにできるのは、次の2つの内容です。
  • 選句期間中の画面の「投句一覧」
  • 結果発表中の画面の、句と選評(※番号順・作者順の句一覧を除く)
俳句は本来、縦書きの文学です。 それで、「夏雲システム」もオンライン句会ながら、何とか縦書きで句を鑑賞するようにできないかと考えていました。 今回のアップデートで、それがある程度実現できたのではないかと思っています。 ぜひ、縦書きの句を読みながら選句したり、またみなさんの選評を縦書きで読みながら鑑賞を楽しんだりしていただければ嬉しいです。

なお、縦書きにした結果、長くて内容が画面の横幅に入りきらなくなっている場合は、カードの中で横にスクロールすれば全て見られるようになっています。

縦書き表示の設定は、個人の設定画面で行えます。 夏雲システムにログインして、画面右上にあるご自身の俳号(私(野良古)の場合はこんな感じ↓)をクリックすると、2行目に「設定」という行があります。


そこをクリックして設定画面に移ると、「表示設定」というメニューがあります。ここで、縦書き表示の設定を行ってください。(選句期間中・結果発表中それぞれに設定項目があります。)

Comments

Popular posts from this blog

お問い合わせへの対応の停止について

夏雲システムではこれまで、できる限り利用者の皆さまからのお問い合わせに対応してきました。しかしながら、
お問い合わせが急増しており、運営者の時間・労力の面で対応が難しくなったことシステムの画面や管理者向けのマニュアルを見れば判断できる内容のお問い合わせ、またそもそも内容が判然としないお問い合わせが多く、精神的にも疲弊してきたこと から、今後もお問い合わせへの対応を続けるのが難しくなってしまいました。私個人の仕事や普通の生活の余力で、無理せず運営を続けていくために、申し訳ありませんがお問い合わせへの対応を停止いたします。
ウェブサイト上のお問い合わせフォームは現在閉鎖しており、またメール等でお問い合わせいただいてもお答えいたしかねます。
夏雲システムについて今後ご不明な点が出てきた場合は、一般の参加者の方は、ご参加の句会の管理者にお尋ねください。管理者の方は、システム画面やマニュアルをよくご覧の上、お近くの詳しい方を探して尋ねたり、推測したりしていただくようお願いいたします。最新の情報等はツイッター @natsugumo_sys でも告知いたします。

なお、システムエラーが表示されたなど、夏雲システムに何らかの不具合があることが明白な場合は、管理者の方からメール等でご報告いただければ幸いです。



これまでに多くの方が、できるだけ私(運営者)への負担が少ないようにご配慮くださりながらご利用なさっていた中、このようなご不便をおかけすることになり申し訳なく思っています。しかし、本当の限界が来る前にこのような処置をとることといたしました。ご容赦いただければ幸いです。

夏雲システムとは

夏雲システムは、オンライン句会が簡単に行えるシステムです。野良古(のらふる)が個人的に開発・運営しているもので、どなたでもお使いいただけます。

投句の並べ替えや選句の集計・得点計算などを自動で行うので、主催者にとっては手間が最小限で済みますし、参加者にとっては集計期間なしですぐに投句一覧や結果が見られるという利点があります。 また、メールアドレスを登録して、締切の24時間前にメールを受け取るといったこともできます。

非営利目的の句会については、どなたでも無料でお使いいただけます。自分の句会でも使ってみたい、という方は、以下のフォームからご連絡ください。
夏雲システム 開設申込

開設以外のお問い合わせは以下のフォームからご連絡ください。
夏雲システム お問い合わせ

このブログでは、夏雲システムに関する最新情報や便利な機能などをお知らせしていきます。

参加の足跡を振り返る

句会に何度か参加していると、「全部で何句くらい投句したんだろう」「今までどんな句を投句してきたんだっけ」と振り返りたくなることがありませんか?僕は割とこういうのが気になってくるタイプです。 実は、夏雲システムには、こういった参加の記録を振り返る機能があります!

夏雲システムにログインすると,画面の右上に俳号が表示されます。
僕(野良古)の場合はこういうやつですね↓


ここをクリックして,一番上の「これまでの記録」を選ぶと,その句会でのご自身の 参加回数投句数選句数 を閲覧できます。また,過去の自分の投句を一覧で確認することもできます!
決して句会に必須の機能というわけではありませんが、自分が欲しいので作ってしまいました。こういうのを眺めるのが好きな方はぜひアクセスして楽しんでみてくださいね。